受験勉強は頭寒足熱、臨機応変を心がけた寒さ対策が大切

受験勉強は頭寒足熱、臨機応変を心がけた寒さ対策が大切

本格的に寒い季節が到来すると同時に、受験シーズンも本格化してきました。

寒い季節の中での受験勉強はどのような環境で進めていったらよいのでしょうか。

受験勉強における寒さ対策

第1志望合格に向けて適切な学習環境を整えて受験勉強を進めて行くことはとても大切です。

とりわけ寒い季節の室温の管理は、受験を左右するといっても過言ではありません。

一つは風邪などをひかずに受験本番にベストな体調で臨むため、もう一つは寒さ対策をすることが、実は集中力の向上や効率的な学習をもたらすためです。

おすすめの寒さ対策

おすすめの寒さ対策のポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

それは受験勉強の寒さ対策は頭寒足熱が大事です。

具体的には足、とりわけ下半身を温かくし、上半身は暖めすぎない点にあります。

例えば、暖房の効きすぎた学校の教室で授業を受けていると、ぼーっとしてしまい授業に集中出来ず、やがてはウトウトしてしまうという経験が誰にでもあると思います。

これは、必要以上に上半身を温かくすると、集中力が低下してしまうためです。

そのため、この時期の寒さ対策は、極力上半身を温めない環境を作ってやることが重要です。

ホットカーペット、電気マット、暖かい座布団などで足元を中心に寒さ対策をするのがいいでしょう。

さらにそれだけでは寒すぎるような時には膝掛けを用いたり、場合によっては暖房をつけるなど、臨機応変に対応していくことも重要です。

あくまで集中して勉強できる環境を作ることが目的であって、暖房をつけないことが目標ではありません。

また暖房をつける場合、あまりに室温が上がりすぎるとぼーっとしたり眠くなったりしますから、こちらも一定程度部屋が暖かくなったら暖房を切ることも大切です。

下半身のみを暖かくするため、いずれにしてもこまめな室温管理を心がけることが大切です。

寒い季節の受験勉強

上半身が少し寒いと感じる程度のほうが、実は学習効率が上がるのだと意識すると集中力も高まります。

入試直前期に爆発的に実力が向上する受験生がいますが、これは寒い季節が実は勉強に一番集中出来る季節であることとも関係しているのかもしれません。

暑すぎず、少し寒いくらいが勉強にはちょうどいいのだと心がけて勉強に取り組むのがよいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする