いろいろな役割をもつマルチツールはアウトドアでどう使う?

いろいろな役割をもつマルチツールはアウトドアでどう使う?

アウトドアに持っていく道具を最小限にするにはマルチツールが最適です。

そこで、マルチツールをどう使うのかを考えてみました。

よく使うマルチツールの機能はなんでしょう

マルチツールではナイフ、マイナスドライバー、ハサミがよく使われる。

大は小を兼ねるというように、細かな機能よりもざっくりとした機能の方が使い勝手が良いです。

缶切りやピンセットはなかなか使用されにくいでしょう。アウトドアで使われるのは大雑把なものでしょう。

本当にたくさんの機能は必要でしょうか。

手のひらサイズのマルチツールにたくさんの機能をつけたら確かに便利ですが必要でしょうか。

取り出しにくかったり、すぐ刃こぼれして使えなかったりとダメになってしまいます。

では、機能を少なくしてみればどうでしょうか。

仮に三種類だけにすれば、マルチツールの中に戻す位置の自由度が上がったりケアしたりもできます。

限定することで一つ一つの質が上がりよりよいパフォーマンスができることでしょう。

最後に

マルチツールを使うときは、機能を状況に合わせるのではなく状況に沿って使うことがいいんだと思います。

小さなサイズだとしても頭を使って限られた機能で最大限使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする