便利から不便になるキャンプは、家庭の仲をよくするかもしれない

便利から不便になるキャンプは、家庭の仲をよくするかもしれない

私の父は、キャンプが凄く好きで夏休み中多くて3回はキャンプに行っていました。

そのくらいたくさん行っていたので未だに記憶に残っています。

現在、子どもの遊び場は減ってますよね?

ボール遊びが出来るところも結構減っていると聞きます。

そうなると、子どもは家にこもってしまいゲームに夢中になります。

そして、家族との会話も減っていくのではないでしょうか。

そんなとき、ゲームは家に置いてキャンプに行くといいと思います。

今は昔より凄く便利になりました。

でもそんな機械に頼りすぎな感じがします。それが結果的に家庭の仲を壊している感じがします。

テレビを見てなにもしない旦那さん、台所でモクモク仕事をこなす奥さん、ゲームをする子ども。

現代のイメージがこれです。会話って減ってきていませんか。

キャンプには、テレビもゲームもなければ、不思議と家族に会話が増えます。

そして、不便な中、奥さんは家事は大変ですよね。

そんなとき、旦那さんに頼ったりしたら旦那さんとの距離もなくなり家族の仲深まるのではないでしょうか。

昔の家庭はテレビもゲームもなく、全て自力でやっていました。

そのときの方が不思議と幸せだったのでないでしょうか。会話するしかないですもの。

人それぞれ色々な家庭がありますが、私の家庭はキャンプすることで仲良くしてます。私自身、一度は我が子にもさせたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする